スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二名・薬師如来

★二名・薬師如来

二名には、数十件の家ごとに、必ずと言っていいほど、御堂のような建物がある。

二名・薬師如来

今回の御堂近くには、「常夜灯」と祭りの「のぼりたて」もあり、それらを推測して神社を探していた。

二名・薬師如来

しかしそこに現れたのは、注連縄と紙垂がある御堂だった。
二名・薬師如来

名前は「薬師如来」。
ここで疑問なのは、お寺でありながら注連縄がある事。
二名・薬師如来

※日本人の思想のルーツは神道だったが、そこに仏教がやって来た時、庶民にも仏の教えを広めるため、神仏一体の考え方が生まれた。しかし、明治になって施行された「神仏分離」でそれは、無くなって行った。
しかし、久万高原町のような田舎には、今でもその習慣が根強く残っているのではないかと推測する。

たとえば、

天照大神=大日如来=観世音菩薩
八幡大菩薩=阿弥陀如来=釈迦如来
住吉大明神=薬師如来
八坂大明神=薬師如来

四国ではポピュラーな香川県の金刀比羅宮(ことひらぐう)も「琴平宮」とも書かれるように、明治の神仏分離・廃仏毀釈が実施される前は真言宗の象頭山松尾寺金光院だったように…。


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示
スポンサーサイト

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島
ジャンル : 地域情報

東川・金比羅さん(山宝社)

★東川・金比羅さん(山宝社)

※2013年1月3日追記あり

この半年、数多く町内の神社を巡っているが、これほど驚いた神社は珍しい。
東川・山宝社(金比羅神宮)

これ全て、自然石を積み上げた階段である。
東川・山宝社(金比羅神宮)

斜度50度はあるだろうか?
東川・山宝社(金比羅神宮)

下からは、社の上だけ見えるだけである。
東川・山宝社(金比羅神宮)

カメラ片手に、這いつくばるように四つ足で登る。
東川・山宝社(金比羅神宮)

山の狭い尾根に、祠が建つ。
東川・山宝社(金比羅神宮)

数人の地元の方に聞くと「山宝社(さんぽうしゃ)」と呼ぶ方と「金毘羅さん」と言う方、両方居た。
どちらも、そうであると思う。
「山宝社」は、畑の神様として祀っているそうだ。
東川・山宝社(金比羅神宮)

拝殿・本殿、一つの造り。
東川・山宝社(金比羅神宮)

下りも、その急斜面に苦労する。
東川・山宝社(金比羅神宮)

この階段を作った人々のパワーに、ひどく感動!
このような神社に出会うたび、少しでも映像に残せればという思いは強くなる。
東川・山宝社(金比羅神宮)

----------------- 追記 -----------------
2013年1月2日に、再度訪れた。この時、近くに住むAさんより、「この地区の事をまとめた本があるので」と写真の本を頂いた。

Aさんに聞くに、この金比羅さんは、神仏混合である事。

祭礼は、3月10日と10月10日に、大屋家組の人々が順番で祭主を務めて祭礼を行っていたが、6年前からそれも途絶えたとの事。

また、この地区5組各所にそれぞれ氏神様があり、この「金毘羅さん」を含め、「山の神」「天王さん」「水神さん」、「大宮八幡神社」を含めて五つの神様が祀ってあると言う。

参考資料:「ふるさと昭和史」(三和の里の半世紀)美川村東川公民館編集

東川・金比羅さん


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

落合・愛岩山御社

★落合・愛宕山御社

久万川沿いの落合地区に、愛宕山御社はある。
落合・愛宕山御社

当初は、神社だと推測して訪ねた。
落合・愛宕山御社


落合・愛宕山御社

階段を登ると、建物が現れた。
落合・愛宕山御社

2本の御神木の間に、その建物はあった。
落合・愛宕山御社

造りはお寺。
落合・愛宕山御社

仏様が飾ってある。
落合・愛宕山御社

地元の80代の老人曰く、「今は、露峰の法蓮寺のご住職が定期的に来て法要をしているが、昔はここで相撲などとっていた。寺とも神社とも言えない」との事。
落合・愛宕山御社

別の老人の話では、三島神社も戦前は大宝寺が管理していた時期があったように・・・。
落合・愛宕山御社

時代の流れの中、神仏一体の社となっていったのかもしれない。
落合・愛宕山御社

落合・愛宕山御社

落合・愛宕山御社


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島
ジャンル : 地域情報

東明神・秋葉さん

★東明神・秋葉さん

東明神・秋葉神社からほど近い場所に、東明神・秋葉さんはある。
国道33号から、見える。

ここも、高知の秋葉神社由来で、近隣で続いた「火災」を治めるために建てられた。

東明神・秋葉さん

大きなイチョウの木が目立つ。
東明神・秋葉さん

祭神は「秋葉権現」である。

近くの婦人曰く「毎年1月8日には、般若心経を唱えてお祭りをする」との事。

東明神・秋葉さん

ご神体は、木像の立像だそうだ。

東明神・秋葉さん

老木のイチョウなのか、乳根が見事である。

東明神・秋葉さん


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 香川・愛媛・高知・徳島
ジャンル : 地域情報

菅生・みささぎ権現

★菅生・みささぎ権現

大宝寺の参道にある、お土産店向かいに、みささぎ権現はひっそりとある。

菅生・みささぎ権現

お土産店の婦人からの口語より。

 大宝寺に残る話です。

菅生・みささぎ権現

 平安時代、後白河天皇の勅使が天皇の脳の病気快復を祈願したところ病が治ったため、天皇は妹宮を、大宝寺の住職として都からこの地に住まわせ、その後寺を勅願寺(ちょくがんじ=時の天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して創建された祈願寺のこと)として再興させた。


菅生・みささぎ権現

 その後、その妹宮が亡くなり、そこに五輪塔と廟(びょう=祖先・先人の霊を祭る建物。おたまや)を建立し、陵権現(みささぎごんげん)として祀ったという。

菅生・みささぎ権現

そんな事もあり、この「みささぎ権現」は、神仏習合で、頭の病を治す神様としてお参りする人も多い。

菅生・みささぎ権現

現在は、御堂内にはその御神体は無く、他の場所に保管されているそうです。

菅生・みささぎ権現


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

kumajinnjya

Author:kumajinnjya
FC2ブログへようこそ!

バナー
バナーはご自由にお持ち帰りください。
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
参拝者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。