スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北村・淡嶋神社

★菅生北村・淡嶋神社

菅生北村の竹やぶ中に、淡嶋神社はひっそりとある。
北村・淡嶋神社

近くの女性が時々掃除をしているとの事。
北村・淡嶋神社

淡嶋神社だけに、人形も置かれてあった。
北村・淡嶋神社


北村・淡嶋神社

神社後ろには、お地蔵さんも・・・。
北村・淡嶋神社

久万新四国の札。
北村・淡嶋神社

久万新四国31番。

淡島神社

手水。
北村・淡嶋神社


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示
スポンサーサイト

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

菅生北村・金比羅さん

★菅生北村・金比羅さん

菅生北村の道横の畑上に、その常夜灯はある。
菅生北村・金比羅さん

その昔、ここには金比羅さんがあったと聞く。
菅生北村・金比羅さん

その跡であるようだ。
菅生北村・金比羅さん


菅生北村・金比羅さん

----------------- 追記 -----------------
2012年11月3日撮影。
秋祭りの幟。
北村・金比羅さん



より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示


テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

東明神・猿王社

★東明神・猿王社(さんおうしゃ)

国道33号線の、東明神に猿王社はある。
東明神・猿王社

この神社は、色々な偶然から教えて頂いた経緯がある。

道横にある、久万新四国19番。
東明神・猿王社

何度かこの地でも「氏神さんを教えてください」と尋ねたが、地元の方は積極的にはこの神社の名前を出して下さらなかった。
東明神・猿王社

そんな中、偶然近くの「三王社・さんおうしゃ」の事を聞くつもりが、「猿王社(さんおうしゃ)ならあちらにあります」との説明。
石階段。
東明神・猿王社

同じ呼び名の神社から、この神社にたどり着いたのです。
拝殿。
東明神・猿王社

「猿王社」。
その昔この辺りにも猿が出没しており、御猿さんを祀ったのが始まりだと聞く。
東明神・猿王社

拝殿。
東明神・猿王社

拝殿内部。
東明神・猿王社

正面の飾り彫り。
東明神・猿王社

拝殿後ろの石段。
東明神・猿王社


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

明神皿木・鷹乃神社

★明神皿木・鷹乃神社

河内神社にある米山書の碑にある「高正神社」は、元々皿木にあったという話を元に訪れた。
道は、明神小学校前の道から入る。

親切な地元の老人から、集会所横にあると教えて頂く。
皿木・鷹乃神社

老人は、わざわざ車で追いかけて来て教えて下さる。
かなり老朽化している拝殿。
皿木・鷹乃神社

拝殿内部。
この地に住む婦人数名が、時々掃除をしているとの事。
皿木・鷹乃神社

目的の「高正」ではなく「鷹乃神社」とあった。
河内神社の資料も今はもう火災で焼失し、詳細は不明である。
これはあくまで個人的仮説ではあるが、合祀を機会に名前を変える事例もあり、「鷹乃」を「高正」と変名し、河内神社に合祀したのかもしれない。
皿木・鷹乃神社

皿木には二名から瀬戸内に抜ける正持ヶ峠があり、古くは人の行き来が盛んにあった場所でもある。
そんな歴史を含め、残しておきたい神社である。
2012-07-01e.jpg


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

明神皿木・山神さん

★明神皿木・山神さん

鷹乃神社」を案内してくれた老人から、「この近くに、山神さんが祀ってある」と教えて頂き、訪れた。
鷹神社の手前の峠の中にあった。
入口には、竹に注連縄・紙垂。
元々鳥居も、注連縄・紙垂で結界を現すのが原点だったようです。
明神皿木・山神さん

しばらく山道を登る。
明神皿木・山神さん

小さな祠。
明神皿木・山神さん

近年、新しく作り直したとの事。
明神皿木・山神さん

正面。
明神皿木・山神さん

老人曰く「我々は、単純に「山神さん」としか呼んでない」との事。
皿木・山神さん

まわりも、連縄で結界が張られてありました。
神社の原点を彷彿とさせる神社でした。
明神皿木・山神さん


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

kumajinnjya

Author:kumajinnjya
FC2ブログへようこそ!

バナー
バナーはご自由にお持ち帰りください。
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
参拝者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。