スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東川・天王さん

★東川・天王さん


東川の金毘羅さん近くに、天王さんはある。

金毘羅さんほどではないが、石積の形体はほぼ同じである。

東川・天王さん

この天王さんには、かつて「クジ引き」という珍しい風習があったが、残念ながら数年前に途絶えたと言う。

東川・天王さん

参考資料:「ふるさと昭和史」(三和の里の半世紀)美川村東川公民館編集


「天王さんのクジ引き」

 前後しましたが、東川には天王さんのクジ引きという正月7日の大きな行事があります。
 東川久保田組に祭られている天王さんの祭礼ですが疫病よけの神様です。
 古老にきいてもその由来はさだかではありませんが昔、この地方に疫病が流行したのをきっかけに信仰されるようになったと言われています。
 1月7日の祭日には「天王さんのクジ引き」が行なわれますが、この行事は社殿建立以来続けられているようです。ただ、戦時中の一時期に一旦中止されていたようですが、昭和26年1月13日の常会でクジ引きの再開が決定されておりますので、およそ10年くらいは中止されていたものでしょう。
 いずれにしても、東川の伝統行事のうちで、この行事ほど正確に守り続けられているものは他にはみられないのではないでしょうか。


東川・天王さん

拝殿、内部。

東川・天王さん

本殿、背部。

東川・天王さん



より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

スポンサーサイト

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

久万新四国51番

★久万新四国51番

久万新四国51番は、三島神社参道手前にある。

久万新四国51番


久万新四国51番


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

下畑野川(上田)・渦脇八幡

★下畑野川(上田)・渦脇八幡

下畑野川・上田に、かつて渦脇八幡はあった。

現在は、その痕跡も無い。

下畑野川(上田)・渦脇八幡

アグリピア横の水路がその場所だったと聞く。

下畑野川(上田)・渦脇八幡

地元の婦人によると「かつてはこの水路は、山から流れてくる水の勢いで、渦を巻いていたとの事」

下畑野川(上田)・渦脇八幡

久万町誌によると
「関ヶ原の合戦に出陣した上田組の若い衆を祀ったものであるという。
 関ヶ原の合戦の際、松山藩の兵隊集めに、上田組の若い衆に「元気で帰って来たら、上田組のいちばんいい畑をやるから、行ってくれ」と頼んで行ってもらった。若い衆が元気で帰ってきたのに、組の人たちは約束を守らなかった。こればかりか、組の人たちは総がかりで、その若い衆をなぶり殺しにしてしまった。 その後、上田組に疫病が大流行し、困った組の人々が山伏にみてもらったところ「関ヶ原の合戦に出陣した若者のたたりだ」といわれ、ここのその若い衆を祀ったものだという。」

下畑野川(上田)・渦脇八幡


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

下畑野川(駄馬)・須我神社(天王さん)

★下畑野川(駄馬)・須我神社(天王さん)

下畑野川の駄馬地区に、須我神社(天王さん)はある。

下畑野川(駄馬)・須我神社(天王さん)

親切な地元の婦人3名から、「駄馬の氏神さんなんで、今でも掃除して大切に守っています」との事。

下畑野川(駄馬)・須我神社(天王さん)

拝殿全体。

下畑野川(駄馬)・須我神社(天王さん)

正月の飾りが綺麗にしてある。

下畑野川(駄馬)・須我神社(天王さん)

内部。

下畑野川(駄馬)・須我神社(天王さん)

裏・本殿。

下畑野川(駄馬)・須我神社(天王さん)

組一帯を見下ろす場所にある。

下畑野川(駄馬)・須我神社(天王さん)


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

下直瀬(一ノ谷)・龍神さん

★下直瀬(一ノ谷)・龍神さん

下直瀬の一ノ谷地区に、龍神さんはある。

下直瀬(一ノ谷)・龍神さん

直瀬川の竜宮渕の龍神を祀ったものらしい。

地元では「竜宮さん」との呼び名もあるらしい。

下直瀬(一ノ谷)・龍神さん

正面。

下直瀬(一ノ谷)・龍神さん

かつては、大水や渇水の時、地域の人々がここで祈願したと言う。

下直瀬(一ノ谷)・龍神さん

「また、この渕には白蛇が住んでおり、金物を嫌うといわれ、渕に金物を入れると大雨が降ると伝えられている。」

参考資料:久万町誌より

下直瀬(一ノ谷)・龍神さん


下直瀬(一ノ谷)・龍神さん

龍神下の竜宮渕は、いかにも龍が出そうな風景だった。

下直瀬(一ノ谷)・龍神さん

そして、この場所を教えて頂いた地元の夫人が、無事に神社を見つけられたかと案じて、追いかけて来て下さったうえ、自家製の干し柿と蜜柑を頂いた。

再び、感動の出会いであった。

下直瀬(一ノ谷)・龍神さん


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

下直瀬(吉久)・岩くらさん

★下直瀬(吉久)・岩くらさん

下直瀬の吉久地区に、岩くらさんはある。

下直瀬(吉久)・岩くらさん

呼び名の「岩」は漢字であるが、「くら」は不明だとの事。

下直瀬(吉久)・岩くらさん

また、祀ってある神様の謂れなども不明。

下直瀬(吉久)・岩くらさん

拝殿。

下直瀬(吉久)・岩くらさん

本殿。

下直瀬(吉久)・岩くらさん

この「岩くらさん」の名の通り、社殿後ろには、大きな岩がそびえる山があった。

下直瀬(吉久)・岩くらさん

岩くらさん参道向かいに、平家の供養塔があった。

かつてこの山間部の地にも、平家の落人が逃れて暮らしていたのかもしれない。

下直瀬(吉久)・岩くらさん


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

東川・山の神

★東川・山の神

東川の金毘羅さん近くに、山の神はある。

東川・山の神

現在は、この祠の傍で暮らす老人が、お祀りしているとの事。

東川・山の神

「中村山ではかつては山の神祭りを盛大に行っていました。旧暦の8月20日になると、それぞれの家が畑でとれた作物や魚を供えて祭ったのです。この日は酒を持ちよりで、御御馳走を作り、家族全員が参加して1日を過ごしたのです。
 このような山の神の祭りはその他にも5組単位くらいの規模でいくつか行われておりましたが、次第にすたれて現在ではほとんど行われなくなりました。」参考資料:美川村東川公民館・「ふるさと昭和史」より

東川・山の神

内部。

東川・山の神

背部。

東川・山の神


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

黒藤川(二箆・ふたつの)・金比羅さん

★黒藤川(二箆)・金比羅さん

黒藤川・二箆(ふたつの)地区の、現在は廃校になった小学校横に金比羅さんはある。

黒藤川(二箆)・金比羅さん

全体。

黒藤川(二箆)・金比羅さん

拝殿内部。

黒藤川(二箆)・金比羅さん

「金毘羅大明神?」か?
黒藤川(二箆)・金比羅さん

背部。

黒藤川(二箆)・金比羅さん


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)

★黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)

黒藤川・二箆(ふたつの)と置俵(おいどら)の境・県道210号に、赤蔵神社(あかぞう)はある。

黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)

狛犬。

黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)

黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)

社紋。

黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)

かつては、二箆(ふたつの)地区にあったそうだが、火災で木地に移転。

木地の赤蔵(あかぞう)神社とは別に、新たに黒藤川の氏神として再建したと聞く。

黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)

拝殿。

黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)

拝殿横。

黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)

背後の神殿。

黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)

お百度石。

近くの赤蔵ヶ池(あぞがいけ)に残る、鵺(ぬえ)の伝説に由来し建てられた神社と聞く。

黒藤川・赤蔵神社(あかぞう)


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

黒藤川(長崎)・山神様

★黒藤川(長崎)・山神様

黒藤川の長崎地区に、山神様はある。

黒藤川(長崎)・山神様

珍しく、川の中州に建てられた神社である。

黒藤川(長崎)・山神様

訪れた日は、前日の雨で水量が多かった。

黒藤川(長崎)・山神様

丸太橋も、滑りそうだ。

黒藤川(長崎)・山神様

最後、中州にたどり着くには、飛び石で渡らなけらばならない。

黒藤川(長崎)・山神様



黒藤川(長崎)・山神様

鳥居。

黒藤川(長崎)・山神様

拝殿と本殿。

黒藤川(長崎)・山神様

場所的にも、大雨の度、流されたり壊れたりしていると想像する。

黒藤川(長崎)・山神様


より大きな地図で 愛媛県久万高原町・神社巡り を表示

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

kumajinnjya

Author:kumajinnjya
FC2ブログへようこそ!

バナー
バナーはご自由にお持ち帰りください。
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
参拝者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。