スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久万新四国とは

★久万新四国とは


----------------- 参考文献:久万町誌より -----------------

 大正のころ、西森寅吉と梅本音吉が主となって、旧久万と明神地域に開山したものである。
 四国八十八カ所を巡礼するという信仰形態は、古くからあり、特に若い娘さんの嫁入りの条件にさえなっていた地方もあった。
 とはいえ、健康に自信のない人や高齢者、また経済的に余裕のない人などにとっては、困難なことであった。こうした人々の願いに応えようと開かれたものであった。
 昭和20年の終戦を境に、こうした信仰もすたれてしまった。
 昭和50年代に入ると、壮年会を中心に「久万山新四国」の発掘の気運が高まり、54年には「久万山新四国の道しるべ」が発行されるに至った。
 この発掘調査には、久万町壮年会明神分会や野尻の明友会(老人クラブの名称)が主として活動した。
 59年3月には「久万山新四国巡礼案内図」が、久万町壮年会明神分会の手で発刊されるに至った。
 三坂峠から中野村、下野尻と、その祀られている地域が広範に及んでいる。
 また、明神の皿木奥の地獄谷などの険しい地形の所などがあり、昔から、一泊二日の行程であったという。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumajinnjya

Author:kumajinnjya
FC2ブログへようこそ!

バナー
バナーはご自由にお持ち帰りください。
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
参拝者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。